当サイトについて

サイト名・SSまとめサイト
URL・http://www.fleetcollection.store/
RSS・http://www.fleetcollection.store/index.rdf

相互リンクを希望されるブログ運営者様は
当サイトのリンクを設置してからご連絡をお願いします。
アクセスを送っていただけるなら、いかなるブログでも100%ご登録いたします。

タグ:望月

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/05(水) 22:31:12.15 ID:Xp8CRYiX0

睦月「この前みんなと戦いが終わった後の事を話してたんです」

提督「ほぅほぅ、それで」

睦月「戦いが終わったら提督とは一緒にいられなくなっちゃうかもって言っててね」

提督「どうなるかはまだわからないけど離れ離れになる可能性はあるかもな」

睦月「もしそうなったらやっぱり寂しいかにゃ~って」

提督「嬉しいこと言ってくれるじゃないか」

睦月「だから睦月、提督と結婚したいなって」

提督「うんうん…え?……えぇ!?」


※駄文、キャラ崩壊注意

すぐに終わります


http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1491399071/


【【艦これ】睦月「提督と結婚したい」】の続きを読む

1: ◆HcSYGRWzLE 2017/04/23(日) 19:37:05.87 ID:YWziUXxa0
※注意!このSSにはキャラ崩壊、稚拙な文章、伝わりにくい表現等が含まれています。
 誤字脱字には気を付けますが、あればご指摘よろしくお願いいたします!






(執務室)

水無月「司令官、艦隊、戻ったよ!」

弥生「艦隊帰投…です」

望月「作戦終了だ。艦隊が帰投したって。」

卯月「司令官にぃ~、敬礼!ぴょん!」

提督「ごくろーさま、これで睦月型は全員戻ってきたな。」

水無月「司令官、早くお花見に行こうよ!」

水無月「ずっと楽しみにしてたんだから、にひひっ♪」

望月「やっぱ行くの?うあぁーマジめんどくせぇー…」

弥生「もっち…」

望月「うそうそ、あたしも楽しみにしてたって」

弥生「ん‥」

卯月「うーちゃんも楽しみにしてたぴょん!」

提督「よし、じゃあそろそろ睦月たちを呼びに行くか」

四人「「「「はーい!」」」」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492943825/

【【艦これ】睦月型と花見】の続きを読む

1: ◆ag9TZfREZs 2017/05/24(水) 22:41:29.72 ID:DlJlduFF0
キャラ崩壊注意
エロ描写注意
亀更新注意



憲兵「ハッ! 周辺住民の間で噂が立っていたため、私が調査しました!」

憲兵「僭越ながら、自分の第一印象でランキング付けさせてもらっています!」

憲兵「尚、本調査は、所属する提督、憲兵、艦娘には極秘で行われたものです!」

大本営「睦月型は立派な海軍の兵士である、ただちに報告したまえ」

憲兵「ハッ!」



睦月型の卑猥な噂とは?
↓1~5、コンマ下位3つは事実無根のデマですが……

※発表は順不同です

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1495633289/

【【艦これ】大本営「睦月型の卑猥な噂だと?」【安価】】の続きを読む

1: ◆Ua1M3q7gGI 2017/07/18(火) 20:44:43.13 ID:CxZeyJXa0
※元ネタはSCPです


提督「なんだそりゃ・・・?」

長門「妖精さんによる偶然の産物らしい・・・」

長門「この小さな封筒に触れれば、触れた者に恋愛・敬愛感情を抱いているものからの恋文が現れるとのことだ」

長門「捨てようとしたら妖精さんが悲しそうな目で見てくるもんでな・・・持ってきてしまった」

提督「なるほど・・・で、なんでその封筒を箸で摘まんでいるんだ?」

長門「私は別に・・・その・・・興味がないからな!叶えようとする恋もない!」

提督「そうかい、ならそのラブレター渡してくれないか?」

長門「気になるのか?」

提督「まぁ・・・な。せっかくだから使ってみたい」

長門「世の中知らない方がいいこともあるかもしれないぞ?」ヒョイ

提督「それは知ってから決めるさ・・・」ガサッ




直下でラブレターの差出人を決めます
恋愛か敬愛か選択可能です


↓提督には誰からのラブレターが出現した?


http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500378282/

【【艦これ 安価】提督「恋が叶うラブレター?」】の続きを読む

このページのトップヘ